スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザッポス伝説(トニー・シェイ) ★★★★☆

顧客が熱狂するネット靴店 ザッポス伝説

 何故かアマゾンのアフィ(?)が貼れませんので、アマゾンへのリンクを貼っておきます。アマゾンのザッポスに対する嫌がらせかと思ったのですが、ここはアマゾンが買収したんですよね。ある意味これが、この本に何度も出てくる「ワオ」でした。

 くだらない話はこの辺で。これはザッポスのCEOが書いた自伝です。社員に送ったメールなんかもそのまま載せていて、かなりカジュアルで読みやすいです。

 前半部分がザッポスにかかわるまで著者がどのような人生を送ってきたかで、後半はザッポスの経営をどのように行ってきたかです。

 前半部分も面白いのですが、やはりメインは後半のザッポスの経営に関する部分だと思います。著者が何度も話題にしている「ビジョナリー・カンパニー」のまさに例題として上げられそうな会社だということが良くわかります。

 特に社員が熱狂的である意味宗教に近いというのは、「ビジョナリー・カンパニー」でいわれていたこととそっくりではないでしょうか。

 この本を読んで印象深いのは、ここの「顧客重視」という企業のコアとなる部分も初めからあったわけではなく、試行錯誤の中から生まれたこと、特に事業が軌道に乗る前の企業が厳しい状況の中で、止むに止まれず選択したものの中から生まれてきたことですね。

 そしてもう一つ気になったのは、ここは文面にすると最終的にはアマゾンに買収されたとなりますが、この本を読む限りそれはかなり誤った理解となる可能性が高そうです。

 前の企業であるリンクエクスチェンジをマイクロソフトに売却したのと今回では全く事情が違いますが、どちらも同じ事業の売却という言葉が使われそうですから。

 インターネットが発達して口コミの重要さが大きくなってきている現在では、このようなオープンで顧客重視のサービスは参考になる企業も多いのではないでしょうか。ただ、それを支えている企業文化を築くのが一番難しい問題だと思いますが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

danazo

Author:danazo
投資対象:日本株  
情報源:主に2ch、yahoo掲示板。その他に適時開示等  
売買方法:直感、フィーリング
得意技:高値掴み、狼狽売り

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。